ドクター's ボイス

その症状、原因は「ヒノキ花粉」かも!

2017年04月24日

このところ、うちのクリニックを受診されるのは、花粉症の患者さんばっかりです。でも「花粉症です」と言って来られる方は非常に少ないんですね。

訴える症状は
1.咳が止まらない
2.喉が痛い
3.昨夜38度以上の熱が出たけど、今朝はもう下がった
4.花粉症でもないのに、ときどきクシャミが止まらなくなる
5.朝になると目ヤニがこびりついてる
…などなど。実はこれ、原因は全て一つ、ヒノキの花粉です。

いま、ヒノキの花粉がエラい事になっています。夕方のテレビの番組で気象予報士の方が言ってましたが、ちょうど今、4月20日前後ですが、1平方センチメートルあたり100個の割合でヒノキ花粉が飛散しています。キャスターの方が、それって判りやすく言うと、瞳の黒目の部分に100個のヒノキ花粉がへばりついてるんですよね、想像しただけで目が痒くなってきますね、と突っ込んでいましたが、笑い事ではありません。花粉症の人も、幸いな事にそうでない人も、今年のヒノキ花粉に関していえば、花粉症で毎年つらい思いをしている人だけではなく、自分はそうではないと思っている人も、今年は多大な悪影響を受けているのです。

春に飛び交う花粉はスギとヒノキ、これが代表格です。日本は縦に長い国ですから、地域によっても差があります。近畿地方に限っていうと、スギとヒノキの他に、ハンノキ、ポプラ、ヤシャブシ、イチョウ、マツなど、もういっぱいありますけど、代表格はスギとヒノキ。そしてこのスギとヒノキ、面白いことに、年ごとで勢力が入れ替わっているのです。スギ花粉がたくさん飛んだら、翌年はヒノキ、また次の年はスギ、というふうに。

そして今年はヒノキの当たり年。いえ、大当たり年と言っていいでしょう。先月の「Dr’s Voice」にも書かせて頂きましたが、実は昨年の花粉飛散量は例年の3割程度と、非常に少なかったのです。今年は例年の1.7倍、少なかった昨年に比べると、なんと7.3倍の花粉飛散量が見込まれていました。しかし、フタを開けてみると、スギはたいしたことなかったのですが、4月14日の金曜日をピークにヒノキの大飛散がはじまりました。

これだけ飛べば、ヒノキ花粉に対するアレルギーを持っていない人でも、さすがに影響が出るというほどの飛散量です。もともと花粉症はアレルギー反応。いうなれば「化学反応」です。ところがこれだけヒノキ花粉が飛ぶと、目から鼻腔から気管支まで、びっしりと花粉がまとわりつきます。なにせ1平方センチあたり100個ですからね。こうなると、ヒノキアレルギーを持っていない人にでも「物理的影響」が及びます。

一日中外にいてヒノキ花粉をたっぷり鼻の穴から副鼻腔まで吸い込んで、そのまま夜に寝ますと、大量のヒノキ花粉は多少なりとも鼻を詰まらせます。鼻が詰まると口を開けて寝る。口が開いてると喉が乾燥する、乾燥は炎症を呼び起こす。喉が痛いと言って医者に行く。気管支にたっぷりヒノキ花粉を吸い込んでいると、アレルギー反応こそ起こらないけど、気管支の繊毛が寝ている間にそれを外に出そうと過剰に働いて、ひどい咳がでる。

ヒノキのアレルギーは無いけど、あまりに多くのヒノキ花粉が、たまに他の免疫反応のスイッチを入れてしまう。クシャミの連発です。目だって、結膜にいっぱい粉がついてたら、寝ている間にそれが涙と混じってネチャネチャになって、朝になったら目が開かないほど目ヤニがついてる。

自分はヒノキのアレルギーはないと思っている人ほど、世の中こんなにヒノキ花粉がエライことになってても関心が無い。でも確実に身体のいたるところにヒノキ花粉がビッシリとまとわりついている。それが身体に起こす様々な悪影響が、まさかヒノキ花粉のせいだなんて考えもしない。で、いろいろな訴えをたずさえて医療機関の門を叩く。

こんなことにならないためには、とにかく毎晩風呂に入る。これが一番です。髪の毛から身体までキレイに洗い流す、これはセッケンを使わなくても良いくらいです。でもここからが大切。特に目と鼻の穴も、お湯でしっかり洗う。お風呂のお湯は目に入ったり鼻に吸い込むとツーンと来ますよね。ですが、ちょっと水を鼻から吸い込んですぐにチーンとかめば、そんなに痛くありません。それを何度も繰り返す。目だって流れる水を手にすくって、こすらずにパシャパシャと目についた花粉を洗い流す感じです。

それでもあのツーンがイヤという人には、ドラッグストアに行けば生理食塩水の洗眼液や、鼻に吸い込むスプレー式の鼻洗い液が売っています。これだとツーンはありません。たっぷり使ってその日についたヒノキ花粉はその日のうちに洗い流しておきましょう。そうすれば、咳や熱が出たり、喉が痛かったりと、行かなくても良いことで病院に行く必要は格段に減ります。まぁそれはそれで、うちとしては売り上げが減ってしまうのですけど、やっぱり無駄なことで医者に行かなくても良いとは思うのですよ、私も。

今年の花粉症<2017年・春>

2017年03月18日

3月第2週に入って、ぱたりとインフルエンザの患者さんが来なくなりました。年明け第2週、つまり学校の3学期が始まったころから一気に流行した今冬のインフルエンザは全員A型でした。行政からの情報では、ほぼ99パーセントがA香港型(H3N2)で、A2009pdm(H1N1)はほとんど流行を見なかったようです。
わたしの体感ですが、今年のA香港型の特徴は下痢、嘔吐などの消化器症状をともなうことが比較的多かったこと高熱が出ない症例がかなり見られたこと症状に個人差が大きかったこと
つまり、フラフラで待合室でひっくり返って、そのまま点滴室のベッドに連れて行かねばならない方もいれば、わりと平然とした顔でちょっとほっぺが赤いかなと思って検査したら陽性だったり。おかげでうちのナースは、鼻に棒を入れる検査をしている最中に診察室で昏倒した女子高生をわたしと二人で抱えてベッドに運ぶ途中、ギックリ腰になってしまいました。完全な労災です。申し訳ない。

 さて、それで不思議なことに、例年は3月に入るとB型インフルエンザが流行り出すのですが、今年はこれがない。A型が減ってきて今度はB型の患者さんがジワジワと増えて、だいたい今頃になると、AとBが半々になって、4月初めまで、今度はB型ばっかりになるのです。ところがA型がぱたりと来なくなって、B型が来ない。この冬、私はまだB型インフルエンザの患者さんを一人も見ていません。ゼロですよ、ゼロ。開業して20年弱、初めてのことです。
 まあこれから増えてくるかも知れませんが、今はもう花粉症の患者さんばっかりです。これも皆さん気になるところでしょうが、実は昨年の花粉飛散量は例年の3割ていどと、非常に少なかったのです。今年は例年の1.7倍、昨年は少なかったので昨年に比べると、なんと7.3倍の花粉飛散量が見込まれています
 去年は楽だったから治ったかな、と勘違いしてる方もおられると思いますが、油断大敵です。でもこれはあくまで、気象庁が発表した数字の上での話でして、山沿いに住んでいる人と、海の近くに済んでる人なら、当然違いますよね。うちのクリニックは窓のすぐ目の前に六甲山系が見えます。そりゃあきれいな借景ですが、山の中腹まで民家やマンションが建ち並んでいます。青の当たりに住んでおられる花粉症の人は、さぞかし辛いだろうなぁ。
 ベランダからは、大阪湾が、天気の良い日には関西国際空港まで見渡せます。瀬戸内海の穏やかな海沿いに住んでいる人と、山の中腹に住んでいる人では、同じ花粉症でもやっぱりかなり辛さは違うでしょう。去年の7.3倍と言っても、人それぞれ感じ方も症状も異なって当然です。花粉症はきちんとお薬を飲めば、症状を抑えることができます。
 マスクは最大の防御ですが、ちゃんと医療機関に行って、それぞれの症状に合った薬を処方してもらって下さい。鼻で吸入するスプレー式の点鼻薬をお使いの方は、まず先にしっかり鼻をかんで、吸入した後は30秒間、頭を後方に下げて、薬が鼻腔の奥まで流れ込むようにしてください。目が痒くて点眼薬をお使いの方、先に水や洗眼薬で目を洗ってから点眼すると効果倍増です。こんなこと、言われてみると当たり前に聴こえるけど、実行している人は案外少ないので、一度やってみて下さい。

2017年2月初旬のインフルエンザ動向

2017年02月08日

さて、毎年この時期になるとこればっかり書いてるなぁ、という気もしないではありませんが、2017年2月初旬のインフルエンザ動向です。

予想どおりというか例年どおり、年が明けて冬休みが終わり、3学期が始まると同時に急速にインフルエンザが流行し始めましたインフルエンザは子供が運ぶ病気です。各地でインフルエンザ警報が出されているようですが、私に言わせれば、例年とたいして変わりません。

確かに昨年10月頃からインフルエンザの患者さんがいつもより多かったのは事実です。前にも書きましたが、例年の二倍とか三倍とか、でもそれは、うちのクリニックの場合ですと、11月にインフルエンザの患者さんは3人か4人来る程度です。もともとそんなにいません。それが確かに10人くらい来られました。ほら、例年の3倍ですよね。元の母集団が小さいので、ちょっと増えただけで二倍にも三倍にもなります。

そして去年、こうも書きました。今冬の予想は中程度の流行でしょう、と。

1月の一ヶ月間でだいたい例年70人から80人、それが200人になったら、そりゃあ大流行ですけど、そんなことはありませんでした。だいたいいつもの冬と同じ。4年前、A香港型のワクチンが微妙に外れた年はそりゃあもう大変でした。大晦日も元旦もなく患者さんの診断と治療に明け暮れました。それに比べれば今年のお正月はのんびりしたものでしたよ。ですので今年の流行は、今のところ「例年どおり」と断言します。

ただ、最近ちょっと面白いことに気付きましてね。私のクリニックの周辺は私立の小学校に通っているお子さんが多いのですが、神戸や芦屋の市立小学校に通ってるお子さんより、私立小学校のお子さんの方がインフルエンザににかかってやって来る子が有意に多い

神戸市の場合、市立の小学校は、登校許可証というか治癒証明書は統一の書式があります。ところがうちのクリニックの近辺はとくに子弟を私学に通わせているお宅が多く、またこの界隈って、もぅいっぱい私学があるのですよ。それで学校ごとに「登校許可証明書」や「出席停止解除証明書」やら、それぞれ独自に書式を作っているのです。

それをいちいち親御さんに学校まで貰いに行かせるのも申し訳ないので、私はこの辺りの私学の書式はほぼ全てコピーして、ファイルにとってあります。60校くらい集まりましたよ。ちょっとしたコレクション。たまに遠方の珍しい学校の書式なんてのを持って来たら、すかさずコピーして、やたっ! レア アイテム ゲット!

なんて楽しんでます。

昔から私の方針で、学校に提出する書類にはいっさいお金を頂いてないので、お子さんがインフルエンザになると、それだけでうちに連れてくる親御さんも多いのかもしれません、それにうちの場合、子供さんでもインフルエンザの治療薬の第一選択は、点滴の「ラピアクタ」を使用します。投与する場合は充分に注意してはいますが、やはりこれがいちばん治りが速い

たまにどうしても注射がイヤだと行ってきかない子には、タミフル・ドライシロップやリレンザを使いますが、効果の出るスピードが全然違います。平均で30時間ぐらい違うかな。「インフルエンザの治療は時間との勝負」ですので、点滴ご指名でお子さんを連れて来られる親御さんも多いですよ。恐るべし「ママ友ネット」。

で、話を戻しますが、とにかく言えることは、明らかに登校許可証を書く枚数がね、市立小学校より私学の小学校の方が圧倒的に多いのです。この理由は、私立の子は電車で登校したり、校区も広いですし、それだけインフルエンザ・ウイルスに暴露される率も時間も大きいのかなぁと、勝手に解釈していますが、やっぱり通学電車の中、これがいちばんの感染源だと思います。これだけはたぶん間違いない。

これも私がよく言う話ですが、満員電車一両の中に、たった一人のインフルエンザ患者がいたとして、その感染者が一回「クシュンッ」ってクシャミしたら、その車両に乗っている乗客全員の髪の毛や服にインフルエンザ・ウイルスが付着します。一回の感染者のクシャミで、インフルエンザ・ウイルスは10万個以上、飛び散ると言われています。

ちなみにクシャミによって飛沫という形で車両の中にまき散らされたウイルスは、またたく間に水分の抜けた飛沫核となって、長時間空気中を漂います。気温が低く乾燥した状態、つまりウイルスにとって好条件であれば、この飛沫核は24時間以上、感染性を保ち続けます。もうこの時期、電車に乗る人は感染者もそうでない人も、マスクは必須と言っても良いと思います

さぁこれから二月いっぱい、一体どれだけインフルエンザの患者さんが来るのやら。あっ、ちなみにいま流行っているのは、ほぼ全てA香港型です。ワクチンはちゃんと当たっていますが、やはり大人と子供では免疫力が違うので、いくらちゃんと二回ワクチンを射っていたとしても、子供さんの方が抗体はできにくい。さらに3月末から4月にかけて、今度はB型のインフルエンザが流行します。まだまだ気が抜けません。うがい、手洗いはもちろん、ビタミンCの摂取に努めて下さいね

2017年、最初のインフルエンザ情報と花粉症情報

2017年01月14日

まずは2017年、最初のインフルエンザ情報からです。
 年明け1月4日から、だいたい一日一人、インフルレンザの患者さんが受診されています。連休明けになってこれが一日あたり、2人~3人に増えました。昨年暮れの12月は2日に一人くらいのペースでしたので、そろそろ増えてきたいという印象です。
 いつも言ってる事ですが、インフルエンザは子供が媒介する病域です。学校とか通学電車の中でウイルスをもらって来て、家でお母さん、お父さん、お兄ちゃんお姉ちゃんにうつる。お兄ちゃんお姉ちゃんが潜伏期間中に学校に行って、また友達にうつす。
 3学期が始まり、1月14日と15日、ちょうど大学入試センター試験の頃というと、なぜか毎年、計ったように寒波がやってきます。今年もこの極寒の二日がヤマと言えばヤマでしょう。湿度があるていど高ければ良し。空気の乾燥が進むほど、インフルエンザウイルスは活発になります。
 インフルエンザの潜伏期間は3日から4日です。1月20日前後の患者さんの動静が気になるところです。ただし、昨年末に私が予想しましたが、2016年夏の南半球での流行状況から考えて、今冬の日本におけるインフルエンザははせいぜい中流行と見ています。これまたいつも言ってますけど、外れたらゴメンナサイ、ですけどね。
 さて、インフルエンザもいよいよこれから最盛期に向かって行くわけですけど、忘れては行けないのがスギ花粉症です。今年はスギ・ヒノキの花粉飛散量は近畿地方では「昨年の3倍以上!」と予想されています。じつは昨年が一昨年の1.5~2倍でしたので、2015年(H. 27)と比べると、なんと5~6倍になるとのこと。これは一大事です。今からしっかり準備しておきましょう。
 最もオーソドックスな治療法は抗ヒスタミン剤の内服ですが、これは花粉が飛び始める2週間前から毎日薬を呑み続けることで、ようやく効果が出てきます。つまり、花粉が飛び始めてからでは遅い、と言うことですね。「アレグラ」や「ザイザル」「クラリチン」「タリオン」などに代表される第3世代の抗ヒスタミン剤、これは眠気も出ずよく効く薬ですが、飲み始めて本当の効果が出るまで2週間かかります。
 難しい言葉で言いますと、抗ヒスタミン剤は「血中濃度の維持」が大切なんです。ですので、今日は雨が降ってるから飲まないでおこうとか、今日は風が強いから二錠飲んでおこうとか、そういう勝手な事は絶対にやめて頂きたいのです。花粉が飛び始めたら飛び終わるまで、毎日決められた量をキッチリ飲み続けること飲んだり飲まなかったりは、いちばん「もったいない」飲み方です。これは憶えておいて下さい。
 さて、毎年の事ですが、インフルエンザに花粉症と、辛い季節がやってきます。なにせ日本という国は、一年を通じて気温差が50度という、きわめて特殊な環境にある国です。寒い日は年に一回くらい神戸でもちょっと山の手に行くと、零下10度なんて朝があるでしょう?夏の盛りの三宮のビル街なんか、体感温度は40度を超えます。こんな国、世界中を探したって滅多にありませんよ。それを日本人は昔から「四季折々を愛でる」なんて悠長なこと言って来たんです。なんとのんびりした国民性なんでしょうねぇ。

インフルエンザの診断を受けた方に

2016年12月20日

1.まず、家に帰ったらすぐに、学校または職場に電話してください。「病院でインフルエンザの診断を受けたのでとうぶん休む」と申告してください。会社によって、就労に診断書が必要な場合と要らない場合があるので、お勤めの方は診断書の要否を必ず聞いておいてください。

2.当院ですぐに治療を開始します。その夜はたいていの方は高熱がでて、辛い思いをされますが、翌日には別人のように楽になります。

3,今年のインフルエンザの特徴として高熱が出ない方が多く、むしろ頭痛を訴える患者さんが多いようです。熱がないと言っても症状が軽快しても48時間はまだ強い感染力を持っていますので、他人にうつります。外出はしないでください。もちろん、学校、職場にも行けません。

4.指示に従って、治癒した頃に再受診していただきます。それまで、一日2回、朝と夕方に熱を計って記録したものを持参してください。とくに備考欄にコメントを詳細に書いて下さい。記録を見て、登校・出社の可否を判断します。その際に、学生の方には登校許可証を無料で発行します。会社に提出する診断書も発行しますがその場合は3,000円の費用をご負担下さい。

5.平熱になって48時間経過すれば、登校許可証、または診断書を持って、学校・会社に行って頂けますが、ウイルスはさらに24時間、あなたの身体に残っています。ですから、熱が下がったからといって、直ぐに通常の生活に戻るのは危険です。

6.抗インフルエンザ薬のリレンザ・タミフルといった飲み薬の効果がここ数年、少し弱まっているような印象です。従って当院では原則として、インフルエンザの治療の第一選択として「ラピアクタ」という点滴の特効薬を使用しますので、飲み薬はお出ししていません。

 

ただし、親御さん方にこれだけは注意しておきたいことがあります。

学校で流行っているから検査してくれと言って子供さんを連れて来ないで下さい。インフルエンザを発症してないと検査しても意味はありません。潜伏期間でも検査は陰性です。何か異常を訴えてからでないと検査は陽性に出ません。そして発症後12時間を経過しないと、やはり検査は陰性です。でも、最近は発症後3時間でも判定できるキットもあります。うちは今年から全部それに変えましたが、それでも発症後3時間です。

・うつったかも知れないから薬をくれと言って来ないで下さい。今あるインフルエンザの特効薬は全て「ウイルスの増殖を止めるもの」ですので、予防的投与の価値は低いです。発症して初めて、特効薬は真価を発揮します。入試前だから予防的に飲んでおきたいというのは、お気持ちは判りますが、薬理学的にはものすごく無駄なのです。

お姉ちゃんがインフルエンザだったからと言って弟さんを連れて来ないで下さい。検査しても陰性です。でもそれで罹ってないとは言い切れません。そして潜伏期間は感染してから3日から4日です。さらに解熱後(平熱に戻って)48時間は感染性がある、つまり他人にうつします。以上から計算すると、家に一人でもインフルエンザの患者が出れば、家族全員が一週間の警戒が必要となります。

・インフルエンザに罹っていると判って家に帰ってから、その人を隔離しないであげて下さい。無駄です。病院に来る前に家中ですでにウイルスをばら巻いています。病院で感染が確認されてからでは手遅れです。インフルエンザのウイルスはものすごく強い感染力を持っています。例えば満員電車に一人だけインフルエンザの患者さんが乗っていたとします。その患者さんが一発クシャミしただけで、その車両に乗っている人全員の服や髪の毛にウイルスが付着します。ですので、家族に一人でもインフルエンザの人が出れば、ワクチンを注射していても、だれも全く安心できません。

・簡易検査キットは鼻か喉の奥に綿棒を突っ込みます。これ、本当にかなり痛いです。でもこれだけは避けて通れません。大人も子供も乳幼児も、泣いてでも我慢して下さい。「鼻に棒を突っ込まないで検査して下さい」などと、無茶は言わないで下さい。医者だってやりたくてやってる訳ではないのです。ごめんね、と心の中で謝りながら、手は無慈悲に動きます。

・検査キットで陽性でなかったとしても安心はしないで下さい。まだ潜伏期間のうちに検査しただけ、ということも充分にありますし、検査キットの信頼性も85%から90%程度です。やはり患者さんの症状が、診断にいちばん重要となります。
とにかく、頭が痛いと言ったらインフルエンザを疑って下さい。でもそれだけで病院に行っても検査をしては貰えません。前述のように結果の信頼性に期待が持てませんし、鼻が痛いだけです。少なくとも3時間以上は様子を見て、どんどん症状が重く、全身の倦怠感や節々の痛みを訴えはじめるようであれば、まず間違いありません。大急ぎで医療機関へ。それ以上待つのは患者さんが辛いだけですから。

 

 

25ページ中1ページ12345...1020...Last »

診療時間

午前(9時から12時):月曜から土曜 午後(15時から18時):月曜・火曜・木曜・金曜 日曜祝日は休診

最終受付:午前11:30/午後:17:30

健康診断・成人病検診・半日ドック
医療相談・健康相談(介護保険)・美容相談
往診・在宅医療 随時受付しております。

神戸芦屋のホームドクターとして

医療に関するあらゆることのご相談に、明るく気さくな雰囲気でお応えいたします。当院では年齢や疾患で診療をお断りすることは決していたしません。

もっと詳しく

医療のプロが行う、美容メニュー

当院では、肥満を医学的な見地から考え、綿密なカウンセリングから三つの原因を取り除いて、バランスよく痩せることを最終目標としています。

もっと詳しく

関連リンク

Vi・Vi・美・ブログ

クリニックウェブサイトの管理者みみママのブログです。医療美容初心者ということもあり、松本先生に教えていただいた素朴な質問をご紹介しています!

>>ブログを開く

お問い合わせください

甲南回生 松本クリニック
内科/外科/整形外科/皮フ科/泌尿器科

0120-755-999

ウェブからお問い合わせ お問い合わせフォーム

〒659-0086
芦屋市三条南町
13-16 ソレイユ芦屋3F