サプリメントは何が良いの?

最近「サプリメントは何が良いの?」とよく訊かれます。実際にもういろいろ買い込んで飲んでいる患者さんも少なくありません。それで今日は、サプリメントのお話を少し
こんなこと書いてしまうと怒られそうですが「テレビで宣伝してるサプリは効かない」ということは、ちょっと普通に考えれば皆さんもお判りと思います。売れないから宣伝するのです。本当に良いものなら、宣伝しなくとも売れます。皆さんご存じないだけで、本当に良いサプリメントは、マスコミで大々的に広告や宣伝はされていません。それでも着実に売れているからです。
テレビでこんなにたくさん宣伝しているのだから良いはずだ…そう信じ込む前に、ちょっと待って下さい。なんでこんなに宣伝してるのだろう? そんな疑問を持ってみて下さい。
理由はたくさん売りたいからです。それはつまり、儲け率が高いからです。原価がタダみたいに安い。だから「今ならサンプルが2箱ついて同じ値段」とか言う価格設定が成り立つ訳です。それでも充分に儲かるから

だいたい「コエンザイムQ10(Co-Q10)」ってありますよね。
あれは生体内では酵素の働きをします。酵素というのは、化学を勉強した方でしたらご存知だと思いますが、「触媒」の働きをします。
触媒というのは、ほんのちょっと添加するだけで、化学反応の速度を促進する働きをする物質をいいます。人間の身体というのは、一つの大きな化学プラントだと思って下さい。
筋肉や肝臓などの臓器、その一つ一つを構成する細胞、細胞の中にあるミトコンドリアやゴルジ体、そして細胞核の中にあるDNA、すべて化学反応で生命活動を営んでいます。ですので、動物の身体は化学工場だといっているのですが、その身体中のいたるところで起こっている化学反応の中で酵素という物質は、触媒としてほんのちょっと存在することで、化学反応のスピードを速くしてくれる物質です。
この「ほんのちょっと」というのがミソでして、要するに、酵素はたくさんあっても意味がないのです。ところが、どうでしょう、最近のコエンザイムQ10の広告や宣伝を見ると、「成分増量!」とか「高濃度!」なんて言葉が売り文句になっています。
ちょっとでも存在すればそれで良いものなのに、うちの商品にはたくさん入ってますと言って、高い値段で売ろうとする。
知らないと思って消費者をバカにするにもほどがあります。でもこんなんこと、知らなけりゃ騙されて当たり前ですよね。
そういう訳ですので、私の患者さんには、本当に良いものだけお奨めしてます。
じゃあ何が良いのでしょうか? まずなんといってもビタミンCでしょう。
これは普通にドラッグストアに行って、「シナール」などを買ってくれば良いと思います。病院で処方してもらおうと思うと、まず日数の制限がありますし、初診料や再診料や、管理料に調剤料などがついてきますから、かえってお高くつきます。医者の私が言っては変ですが、ビタミン剤は病院で処方してもらうものではありません。結局高くつきます。ドラッグストアで大量に買い込んだ方が絶対にお安いですし、一度にまとめ買いできるので便利です。
さて、そのビタミンCを飲む量ですが、栄養学の本によりますと、日本人の成人の必要摂取量はビタミンCで一日当たり100ミリグラム、と書いてあります。ですがこれははっきり言って少なすぎます。
だいたい栄養学の教科書というのは、第二次世界大戦直後、終戦後の日本に何も食べるものがない時代に、最低一日必要量としてまとめられたもので、それがいまだに改訂もされずにずっと教科書として使われているのです。つまり、食うや食わず、芋の蔓にスイトンなんてのを食べてた日本人に、これだけの栄養は生きていくために最低限必要ですよ、という目安が記されています。そんな70年前に最低必要量として定められたのがビタミンC1日100ミリグラムなのです。
今の現代社会、ビタミンC100ミリグラムはあまりにも少ないです。まず500ミリグラムは摂取していただかないと。前述のドラッグストアに売ってる「シナール」で、1錠あたり250ミリですので、まぁ一日2錠といったところでしょうか。
実は面白い研究報告がありまして、よくカゼをひく人と、カゼなんてここ何年もひいたことがない、なんて人がいますよね。これは皆さんの周りにも、けっこうそういった人が居られるのではないでしょうか。しょっちゅうカゼをひいている人と、カゼなんていつ以来だろうなんて言う人と、血液検査を比べてみると、血液中のビタミンC濃度にピッタリ相関関係があるんですね。血中ビタミンCの濃度が低い人はよくカゼをひく。高い人は滅多にカゼをひかないことが見事に立証されたのです。そういった意味でもビタミンCはたっぷりと摂取して、まず間違いのないサプリ(シナールは医薬品ですが)だと言えます。
だからといって果物をガツガツ食べないで下さいね。果物は中性脂肪と果糖のかたまりです。ビタミンCを摂ろうと思って、やたらと果物を食べていると、確実に肥満に一直線ですからね。ビタミンはサプリで摂って下さい。
さて、この他にも、テレビなんかでは宣伝していないけど、その効果に間違いのないサプリはたくさんあります。字数の関係で、続きはまた次回にご紹介しますね。

サプリメントは何が良いの?<2>

診療時間

午前(9時から12時):月曜から土曜 午後(15時から18時):月曜・火曜・木曜・金曜 日曜祝日は休診

最終受付:午前11:30/午後:17:30

健康診断・成人病検診・半日ドック
医療相談・健康相談(介護保険)・美容相談
往診・在宅医療 随時受付しております。

神戸芦屋のホームドクターとして

医療に関するあらゆることのご相談に、明るく気さくな雰囲気でお応えいたします。当院では年齢や疾患で診療をお断りすることは決していたしません。

もっと詳しく

医療のプロが行う、美容メニュー

当院では、肥満を医学的な見地から考え、綿密なカウンセリングから三つの原因を取り除いて、バランスよく痩せることを最終目標としています。

もっと詳しく

お問い合わせください

甲南回生 松本クリニック
内科/外科/整形外科/皮フ科/泌尿器科

0120-755-999

ウェブからお問い合わせ お問い合わせフォーム

〒659-0086
芦屋市三条南町
13-16 ソレイユ芦屋3F