夫が病院で「痛風」と言われました。普段の生活にはどんな注意が必要でしょうか?<1>

高尿酸血症から痛風に

 痛風は、血液中の尿酸という物質が多くなり(高尿酸血症)、関節内に結晶を作って、多くは足の指のつけ根に激しい痛み(痛風発作)を起こします。発作時は鎮痛剤で痛みを押さえますが、根本的には血中の尿酸を減らさねばなりません。高尿酸血症が続けば、腎臓病や心筋梗塞、脳卒中の原因にもなります。痛風の発作が出ていないから大丈夫と思って、薬をサボっていると、後で大変なことになります

尿酸のもと「プリン体」

 尿酸の元となるのはプリン体という物質で、これはレバーや干し魚などに多く含まれます。ですが尿酸の約2割がプリン体から造られ、残り8割はブドウ糖から合成されますので、高カロリーつまり糖分の多い食事が高尿酸血症の一番の原因となります。食べ過ぎはもちろん、果物の過剰摂取も尿酸値を上げる大きな要因です。

診療時間

午前(9時から12時):月曜から土曜 午後(15時から18時):月曜・火曜・木曜・金曜 日曜祝日は休診

最終受付:午前11:30/午後:17:30

健康診断・成人病検診・半日ドック
医療相談・健康相談(介護保険)・美容相談
往診・在宅医療 随時受付しております。

神戸芦屋のホームドクターとして

医療に関するあらゆることのご相談に、明るく気さくな雰囲気でお応えいたします。当院では年齢や疾患で診療をお断りすることは決していたしません。

もっと詳しく

医療のプロが行う、美容メニュー

当院では、肥満を医学的な見地から考え、綿密なカウンセリングから三つの原因を取り除いて、バランスよく痩せることを最終目標としています。

もっと詳しく

お問い合わせください

甲南回生 松本クリニック
内科/外科/整形外科/皮フ科/泌尿器科

0120-755-999

ウェブからお問い合わせ お問い合わせフォーム

〒659-0086
芦屋市三条南町
13-16 ソレイユ芦屋3F