将来いつかは永久脱毛を、と考えている人に

 体毛は、剃れば剃るほど濃く、太く、そして丈夫になります。したがって、いちどレーザー脱毛を始めたら、できるだけ剃毛しないことです。剃毛すると、せっかくレーザーで弱らせた毛根をまた元気づかせてしまいます。毛の成長サイクルは成長期、退行期そして休止期とあります。休止期の毛は色素がなくレーザーに反応しません。毛を抜くということは無理に休止期にしてしまうことですから、レーザー脱毛をするつもりなら、決して毛を抜いてはいけません
 また、今はお金がないけれど、いつかはレーザー脱毛をしたいとお考えの方、今日からできるだけ毛を剃るのはやめましょう。どうしても剃毛する時には決して「逆剃りしない」ことです。少しくらい残っていても構いませんから、深剃りは禁物。男性がヒゲそりに使う深剃り用の二枚刃、三枚刃のカミソリは使わないで下さい。お手入れするときには水も石鹸も使わず、軽くカミソリを当てるようにして剃ります。どうです、今まで全く逆をやってたでしょう。
 それにもう一つ、市販されている家庭用脱毛器はレーザー脱毛にとって、百害あって一利なしですから、絶対に使わないで下さい。

「永久脱毛」という言葉に要注意

 永久脱毛という言葉からは、毛が全く生えない状態がずっと続くという印象を受けますが、それは皆さんの勝手な思いちがいです。学会の定義では「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」の状態を永久脱毛と規定しています。ですから、少しぐらい生えてきても「これは永久脱毛です」と突っぱねられたらどうしようもありません。人間は本来、生きているかぎり毛が生えてくる動物です。
 私はいつも「脱毛は恋愛に似ている」と話しています。最初のうちは情熱を燃やすけれど、やがて気にならなく、空気のような存在になるものなのです。何度か脱毛しているうちに少しぐらいのウブ毛は気にならず、手入れも忘れるくらいになってきます。そうなった時が、その人にとって本当の永久脱毛なのです。

診療時間

午前(9時から12時):月曜から土曜 午後(15時から18時):月曜・火曜・木曜・金曜 日曜祝日は休診

最終受付:午前11:30/午後:17:30

健康診断・成人病検診・半日ドック
医療相談・健康相談(介護保険)・美容相談
往診・在宅医療 随時受付しております。

神戸芦屋のホームドクターとして

医療に関するあらゆることのご相談に、明るく気さくな雰囲気でお応えいたします。当院では年齢や疾患で診療をお断りすることは決していたしません。

もっと詳しく

医療のプロが行う、美容メニュー

当院では、肥満を医学的な見地から考え、綿密なカウンセリングから三つの原因を取り除いて、バランスよく痩せることを最終目標としています。

もっと詳しく

お問い合わせください

甲南回生 松本クリニック
内科/外科/整形外科/皮フ科/泌尿器科

0120-755-999

ウェブからお問い合わせ お問い合わせフォーム

〒659-0086
芦屋市三条南町
13-16 ソレイユ芦屋3F