紫外線と日焼け止め<2>

■日焼け止めの種類
 日焼け止めには2種類あります。
 1つはオリーブ油や日焼けオイルのように、皮膚を綺麗に焼くために使われるもの。これはUV-Bをカットして日ヤケドを防ぎ、小麦色の肌になるためのものです。この効果の強さは一般にSPF値で表されます。
 もうひとつは色白の皮膚を守るためのもの。皮膚を真っ白い状態を保つために使い、UV-AとUV-Bの両方をカットします。ですから「絶対焼きたくない!」という人は、UV-AとUV-Bの両方を防止する(SPFとPA)日焼け止めを使ってください。
 さて、ここで出てきたSPFとPAという言葉、実はこれ、けっこうアテにならないものだということも覚えておいて下さい。

SPF値とは
 「日焼け止めをつけたときの日焼けの度合い」÷「日焼け止めをつけないときの日焼けの度合い」=SPF値です。つまり、日焼け止めをつけない状態で15分で日焼けする肌の人が、SPF10のサンスクリーン剤を使うと、日焼けするまでに150分かかることになります。SPFの数値は、素肌が日焼けする時間を何倍伸ばせるかを示しているのです。SPF40なら10時間になりますが、そんなに長い時間、陽の当たるところに居続けることはまずありませんね。いくら日焼けしやすい肌質の人でも、日常生活ならSPF20程度で十分なのです。

PA値とは
 UV-Aをカットする効果の度合いを示します。一般に(+)、(++)、(+++)の3段階で表示され、+の数が多いほど、カットする作用が強いとされています。しかしこれも、化粧品会社の研究所で、あくまで実験で得られた数値を元にした目安だと考えて下さい。それでも、とにかく日焼けがイヤだという方は、せめて(++)くらいのものは使って下さい

診療時間

午前(9時から12時):月曜から土曜 午後(15時から18時):月曜・火曜・木曜・金曜 日曜祝日は休診

最終受付:午前11:30/午後:17:30

健康診断・成人病検診・半日ドック
医療相談・健康相談(介護保険)・美容相談
往診・在宅医療 随時受付しております。

神戸芦屋のホームドクターとして

医療に関するあらゆることのご相談に、明るく気さくな雰囲気でお応えいたします。当院では年齢や疾患で診療をお断りすることは決していたしません。

もっと詳しく

医療のプロが行う、美容メニュー

当院では、肥満を医学的な見地から考え、綿密なカウンセリングから三つの原因を取り除いて、バランスよく痩せることを最終目標としています。

もっと詳しく

お問い合わせください

甲南回生 松本クリニック
内科/外科/整形外科/皮フ科/泌尿器科

0120-755-999

ウェブからお問い合わせ お問い合わせフォーム

〒659-0086
芦屋市三条南町
13-16 ソレイユ芦屋3F