メニュー

プロテオ検査(超早期がんリスク検査)


プロテオ®検査
とは、ステージ0から「がん」を検出できる超早期がんリスクスクリーニング検査」です。

対象となるのは、すい臓がん、肺がん、乳がん、胃がん、臍がん、肝がん、大腸がん、甲状腺がん、
腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がんで、体内にがんが発生した場合に
血液中に微量溶け出すがん関連物質を、新型バイオチップであるプロテオ®を用いて測定・数値化し、
がんのリスクをC(リスク高)・B(要観察)・A(リスク低)の三段階に分類・判定します。(※1)


検査に用いる血液は30マイクロリットルとごく微量で、
食事等の影響も受けないため、身体的な負担も軽く、安全な検査方法です。

採血は、通常の採血と同様、静脈に針を刺して行います。

さらにプロテオ®超早期がんリスク検査では、
測定数値が明確な差をもって現れるため、
判定が容易で、誤判定の可能性が限りなく低いという特徴があります。

がん早期発見のツールとしてのみならず、進行リスク、再発・転移リスク、
治療効果の判定などにも有用な検査として、お役立て頂けます。

※1 プロテオ®はがんのリスク判定を行うものであり、確定診断を行うものでは有りません。
A判定であってもがん発病の可能性を完全に否定するものではありません。

また、B判定、C判定の場合も必ず発病することを断定するものではなく、発病に至らない場合や、
判定結果が嚢腫、繊維腫、ポリープ、脂肪肝等によるものである場合があります。


プロテオ®がんリスク検査Q&A

Q:血液採取前に飲食を控える必要はありますか?
A:プロテオ®でのリスク検査は、食事や飲み物の影響は受けませんので、血液採取前に食事制限等は必要はありませんが、過度のアルコール摂取はお控え下さい。

Q:他の血液検査といっしょに検査できますか?
A:プロテオ®リスク検査は、専門の検査機関で行いますので、検査自体は別で行いますが、血液検体は他の血液検査で採取した血液の一部で行う事ができます。

Q:健康保険は使えますか?
A:プロテオ®リスク検査は、自由診療扱いとなり健康保険の適用はありません。

Q:B判定・C判定の場合、どのように治療をすればいいのですか?
A:リスク検査の結果の解釈、その後の対応は医師にご相談下さい。


費用

プロテオ検査1回 60,000円(税込)


(注)造影剤を使用して1ヵ月以内の方は、
 検体エラーが出る場合がありますので、その期間は検査できません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME