メニュー

内科

内科一般を診察しています。風邪や発熱、胃腸障害、喘息、アレルギーといった日常よくみられる病気から、糖尿病、高血圧、高脂血症、メタボリックシンドロームなどの慢性疾患(生活習慣病)の管理まで広く診察しています。

1.風邪・発熱など一般的な内科系の病気

風邪症状(発熱、咽頭痛、鼻汁、咳、痰など)、扁桃腺炎、めまい(回転性、浮動感)、吐き気、胸焼け、体重減少、食欲不振、むくみ、疲労感、不眠、貧血など。

2.循環器系の病気

高血圧、胸痛、背部痛、心窩部痛(みぞおちの痛み)、動悸、むくみ、だるさ、息苦しさ、狭心症、心筋梗塞、心不全など。生命に関わる場合もありますので、直ちに専門医療期間を紹介いたします。

3.腹痛・嘔吐・下痢など、消化器系の病気

上腹部痛、背部痛、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、胃・十二指腸におけるピロリ菌除去、肝炎、脂肪肝、急性肝炎、肝硬変、ウイルス性肝炎に対する核酸アナログ製剤による内服治療も対応します。

 4.気管支炎・肺炎など、呼吸器系の病気

咳、痰、気管支喘息、喘息、肺炎クラミジア感染症、マイコプラズマ感染症、百日咳、肺結核、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫など、在宅酸素療法にもご相談に応じています。

5.神経内科系の病気

慢性硬膜下血腫、パーキンソン病、パーキンソン症候群、脳卒中(脳出血、脳梗塞)後遺症・再発防止など、近隣の脳神経外科と連携して緊急の状態にも対応しています。

6.いわゆる生活習慣病

糖尿病、高脂血症、高尿酸血症など、症状がなくとも検診で数値が高いといわれた方、定期的に診察と指導を受けるように勧められている方。

7.アレルギー性疾患

アレルギー性鼻炎、花粉症、蕁麻疹など。花粉症には内服薬だけでなく点鼻薬、点眼薬も必要に応じて処方します。気管支喘息には内服薬、貼付薬、吸入薬などを年齢に応じて処方しています。

8.小児疾患

発熱、腹痛、嘔吐、下痢、便秘、元気がない、咳、頭痛など、急な風邪や胃腸障害、喘息、アレルギーなど診察いたします。近隣の小児科と連携しており、急を要する場合には直ちにご紹介します。

9.心の病気

不安、不眠、抑うつ気分、興味・喜びが減った、意欲低下、気力の減退、集中できないなどの症状。プライマリーケアの範囲を超えた重症な場合には、専門医をご紹介しています。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME