メニュー

皮膚科

一言で皮膚病と言っても、大学病院レベルの診断と治療が必要な場合もあります。当院では、アトピー性皮膚炎の適切なステロイド治療、水虫の根治治療など、ひと味違う皮膚科診療を目指しています。

  1. アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物・金属アレルギー、接触皮膚炎(かぶれ)、薬疹、手荒れ、虫刺され、乾燥性湿疹、あせも、乳児湿疹
  2. 膿痂疹(とびひ)、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、にきび、疣贅(いぼ)、軟属腫(水いぼ)、単純・帯状疱疹(ヘルペス)、白癬(水虫)、爪白癬、カンジダ、疥癬、などの皮膚感染症
  3. 足の疾患(フットケア)、胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)、皮膚潰瘍、白癬(水虫)
  4. 意外に多い、シミ(色素沈着)と思っていたらイボ(扁平ゆうぜい)だった。皮膚腫瘍母斑(ほくろ、あざ)、脂漏性角化症(老人性いぼ)、メラノーマ(黒色腫)、有棘細胞癌など
  5. その他、脱毛症、乾癖、掌蹠膿疱症。リウマチを含む膠原病は皮膚疾患から見つかることが多いため、大学病院と連携しています。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME