医療法人社団 甲南回生

再生医療の専門医。芦屋松本クリニック院長松本浩彦が提供する幹細胞移植。

お問い合わせはこちら

再生医療

幹細胞が持つ力で体を修復する治療

 松本クリニック院長松本浩彦は、厚生労働省「第二種再生医療等・治療に関する提供計画」に準拠し
 〇慢性疼痛に対する自家脂肪由来幹細胞による治療
 〇自家培養真皮線維芽細胞を用いた皮膚再生治療
 〇自家脂肪由来幹細胞を用いた変形性関節症の治療
 〇自家培養脂肪由来幹細胞を用いた脂肪組織再生術
を届け出、認可されました。これにより当クリニックにて点滴療法・肌再生・関節再生・脂肪幹細胞治療の4つの再生医療の提供が可能となっております。
 また再生医療提供開始に伴い、特設サイトを設置し詳しくご案内をさせていただいております。

松本クリニック再生医療センター特設サイト 「StemCell Ashiya」

再生医療とは?

「細胞の力」を使って失った機能を取り戻す医療です。人間には、元々「再生する力」があります。
再生医療とは、ケガや病気などによって失った機能を、いわゆる“化合物”である薬でケガや病気を治療するのではなく、人のからだの「再生する力」を利用して、元どおりに戻すことを目指す医療のことです。
お肌の再生、関節の再生、全身の疾患の再生治療があります。
詳しくは上の画像かこちらをクリックして再生医療特設ページにお進みください。

慢性疼痛に対する自家脂肪由来幹細胞による治療

原因が特定できず長期間痛みが続くその慢性疼痛 (まんせいとうつう)諦めていませんか?慢性疼痛は幹細胞を使った再生医療で治ります。

痛くない膝を取り戻す。変形性膝関節症 松本クリニックStemCellAshiya

ドクター松本浩彦のYOUTUBEチャンネル

脂肪由来幹細胞(ASC)治療とは?再生医療である幹細胞治療の一種で自然治癒が望めない軟骨などの修復が期待できます。切らない手術で膝の痛みを軽減。

顧問・技術指導医

再生医療分野

北條 元治

ほうじょう もとはる

■プロフィール

医学博士。東海大学医学部非常勤講師。弘前大学医学部卒業。
信州大学附属病院勤務を経てペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞の製造・保管や再生医療の技術・導入支援を行う株式会社セルバンクを設立し、「肌の再生医療」専門クリニックを創業。現在は社長業と共に再生医療の普及に従事。

【整形しないアンチエイジング】

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。