お問い合わせはこちら

スレッドリフト

スレッドリフト

2017/07/04

 

Q:ショッピングスレッドの施術の不都合・デメリット(糸が溶けてなくなった後にたるみがひどくなったり...)は、あるのでしょうか?

 
A:
 ショッピング・スレッドですか。色々名前を付けるものですねぇ…。以前、うちでもやってるテノールを「ティータイム・ダイエット」要するに、お茶休憩の間に行けるとか、スマート・リポのことを「ランチタイム・脂肪吸引」つまり会社のお昼休みにチョコチョコと施術して、すぐ戻れるとか言った宣伝があったものですが、いろいろ名前を付けて流行をあおっているだけです。
 「美容を片手間にやろうなんて、甘く考えてはいけません!」と私は言いたいですね。ご質問のショッピング・スレッドだって、要するに昔から金の糸や、ケバだったシリコン糸で頬の下から頭に向かって皮下を縫い上げて、リフトアップするというのと、何ら原理に違いはありません。それに溶ける糸だって、そんな物、珍しくも何ともありません。僕が医者になるずっと前からあったものです。僕だって、やったことありませんけど、やれと言われればすぐにできますよ。そのくらい簡単な治療法です。
 ただ、これだけは覚えておいて下さい。医療の世界では簡単な手術ほど難しい、奥が深い、と言うこと。外科医の世界では「盲腸に始まり、盲腸に終わる」という格言があります。釣り好きの人なら「フナ釣りに始まり、フナ釣りに終わる」と言う言葉、ご存知のはずです。
 スレッドリフトも一緒。簡単です。でも簡単だからこそ、横着したり気を抜いて施術すると、ほっぺたの一部が不自然にへこんでしまったり、顔面の大切な神経を傷つけたり(これはめったにありませんが)、余計な筋肉に糸がかかってしまって形が変になったりと、思わぬ失敗作が出来上がる可能性は大です。だからこそ、溶ける糸を使うのは、ある意味、正解と言えるかもしれませんね。失敗しても3週間ほどで糸が溶けて皮膚の中でプチプチと切れますから、そういう点では溶ける糸を使うのが正しいと思います。ただし、効果も溶ける糸を使っているだけに、早く切れます。でも医者にとってはその方が都合が良い。だって、その度に患者さんは何度も来て下さる訳でしょ? 売り上げが上がると言うものです。
 ここまで書けばもうお判りでしょう。流行に惑わされてムダなお金を使っちゃダメです。世の中には、無知な顧客をあの手この手で引きずり込んで、お金をむしり取ろうと言う輩がいっぱい居るのです。どうぞお気をつけ下さいませ。
 
 
 
 

甲南回生 松本クリニック
芦屋市三条南町13-16 ソレイユ芦屋3階
0797-22-5511

内科・外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・ペインクリニック

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。